自分でするクレジットカード現金化の方法とメリット・デメリット

クレジットカード現金化は業者を使っておこなうのが一般的な方法とされています。

しかし、その他に方法がないワケではなく、業者を使わずとも自分ですることも可能です。

ここでは、その自分でするクレジットカード現金かを詳しく解説していきましょう。

クレジットカード現金化は業者を使わなくてもできる

クレジットカード現金化はショッピング枠を商品の転売によって換金する行為のことです。

このときに購入した商品を業者に買い取ってもらうのですが、商品によっては通常の店舗でも買取が可能となっていますので、そちらに売却すれば現金化業者を使わずに取引が可能なのです。

また、そのときに購入する商品はこちらの3つが人気が高いです。

  • ブランド物の商品
  • ゲームハード
  • 金券

こういった商品であれば入手が簡単ですので、自分でする現金化も簡単におこなうことができるでしょう。

クレジットカー

ご縁金貨を自分でするときはこちらから商品を選んでくださいね。

カード現金化を自分でするメリット・デメリット

クレジットカード現金化を自分でする場合は業者を使った場合とメリット・デメリットが異なります。

どちらも方法を選ぶ↑で重要な要素ですので、クレジットカード現金化を自分でする前に、そのメリット・デメリットも確認しておきましょう。

メリット

自分でするクレジットカード現金化の場合は業者を通さずに取引をしますので業者に手数料を取られることはありません。

また、換金性の高い商品を現金化しますので、業者を使ったときより確実に高換金率で現金化ができるのです。

具体的な数値は85%~95%となっており、ぎょうしゃを使うより10%~15%ほど換金率が高いです。

高換金率で現金化をしたい方にとって自分でするクレジットカード現金化は最適な方法と言えるでしょう。

デメリット

逆にデメリットは換金性の高い商品を購入するため、カード履歴から現金化目的だとカード会社にバレやすく、クレジットカードが利用停止になりやすい点があげられます。

カードが利用停止になってしまえば、ショッピング枠の一括請求やカード会員資格の剥奪といったトラブルは避けられません。

クレジットカード現金化のリスク・注意点まとめ』でも解説していますが、こちらの方法はハイリスク・ハイリターンとなっていますので、安全に現金化をしたい方は業者を使って取引したほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化は状況に合わせて使い分けよう

クレジットカード現金化は業者を使わなくても取引が可能であり、業者を使いたくない方に人気のある方法です。

換金率も高く取引ができますので、どうしても多くのお金を用意したい方はこちらの方法が良いでしょう。

ただし、同時にクレジットカードの利用停止のリスクも高い方法となっていますので、リスクがあることを覚えておいてくださいね。

また、安全にクレジットカード現金化をする方法についてはこちらの『クレジットカード現金化で安全に資金調達をする方法』で解説していますので、トラブルなく取引をしたい方はこちらも参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*