現金化のリスク

利用する前に知っておきたい!クレジットカード現金化のリスク・注意点まとめ

クレジットカード現金化の必要書類と具体的な流れ・手順を解説!』でも解説していますが、クレジットカード現金化は資金調達に便利な方法なのは間違いありません。

しかし、こちらの方法はメリットばかりではなく、リスク・注意点が存在しているのも事実です。

後悔せずにクレジットカード現金化をするためにも、利用する前にそのリスク・注意点について詳しく知っておいたほうが良いでしょう。

ここではクレジットカード現金化のリスク・注意点についてまとめました。

クレジットカード現金化の3つのリスク・注意点

クレジットカード現金化は闇金と間違えられることも多く、その原因は3つのリスクがあることが原因となっています。

  • 支払い金額が増える
  • 自己破産の免責不許可事由に該当する
  • カード会社の利用規約に違反している

参考:『クレジットカード現金化と闇金の違いとは?

こちらがその3つのリスクですね。

では、それぞれの詳細について解説してみましょう。

支払い金額は増える

クレジットカード現金化はショッピング枠を換金するサービスであることは『クレジットカード現金化ってなに?仕組みとメリットをまとめてみた』でも解説していますが、使ったショッピング枠分のお金が手に入るワケではありません。

こちらには換金率が存在しており、使ったショッピング枠の80%しかお金を用意することはできないのです。

ですので、10万円を用意するためには125,000円のショッピング枠を使う必要があります。

そして、使ったショッピング枠はカード会社に返済する義務がありますので、結果的には支払い金額は増えてしまうのです。

無計画にクレジットカード現金化を使い続けてしまえば借金が増えてしまうのが想像に難くありません。

お金に困っていたとしてもクレジットカード現金化の使い方には注意したほうが良いでしょう。

自己破産の免責不許可事由に該当する

支払いしきれない借金を抱えてしまった方の最後の手段として一般的なん尾が自己破産ですが、クレジットカード現金化は自己破産をする上での免責不許可事由に該当する行為です。

免責不許可事由とは、文字通り借金の免責が認められない理由のことです。

そのため、クレジットカード現金化で借金を増やしてしまった場合は自己破産をしても借金が消えることはないのです。

借金の返済をするためにクレジットカード現金化を使ってしまったため、自己破産ができなくなり困ってしまう方も多くいます。

借金の返済のためにクレジットカード現金化を使うのは自作行為ですので、絶対にしてはいけません。

カード会社の利用規約に違反している

元々、ショッピング枠は商品を購入するための利用枠であり、現金を用意するものではありません。

ですので、カード会社の利用規約で現金化目的での利用は禁止されており、クレジットカード現金化は利用規約に違反した行為なのです。

カード会社に現金化目的がバレてしまえば利用規約違反としてペナルティを与えられることになります。

最悪、カードが利用停止になる可能性もありますので、クレジットカード現金化を使うときは利用停止になる可能性があることも知っておきましょう。

クレジットカード現金化の利用には注意が必要

クレジットカード現金化はお金を用意するのに役立つ手段ではありますが、同時にリスクのある方法でもありますので、利用には注意しなければなりません。

このことを知らずにクレジットカード現金化をしてしまうと、トラブルになる可能性もありますので、利用するときはリスクについても知っておいてくださいね。

クレジットカード現金化と闇金の違いとは?

クレジットカード現金化は来店・審査不要でお金を作ることができるサービスです。

誰でも審査なしで資金調達ができますので、どうしても今すぐ現金が必要な方にとってとても便利なサービスではあるのですが、審査なしで現金が用意できるといった点から闇金のようなサービスだと思われる方も少なくはないでしょう。

たしかに、審査なしでお金が作れるだなんてちょっと信じられませんよね。

では、そんなクレジットカード現金化と闇金はどういった違いがあるのでしょうか?

ここではクレジットカード現金化と闇金の違いについて解説します。

そもそもクレジットカード現金化とは?

まずはクレジットカード現金化の仕組みから解説しましょう。

クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠をお金に換金するサービスのことです。

元々手持ちのショッピング枠を売却してお金にするといったイメージですので、貸金業より中古品買取業として見られることが多く、法律上でもまったく問題のない方法とされています。

詳しい手順については『クレジットカード現金化の必要書類と具体的な流れ・手順』で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

クレジットカード現金化と闇金の違い

ここまでの内容でクレジットカード現金化の概要はお分かり頂けたかと思います。

それでは、そんなクレジットカード現金化と闇金はどういった違いがあるのでしょうか?

その違いは大きく分けて3つあります。

それぞれの違いについて詳しい解説をしていきましょう。

①.金利が安い

闇金は業者にもよりますが、大体が1日1%。
年利に換算すると365%での借入となります。

しかし、クレジットカード現金化は業者から借入をしているワケではなく、クレジットカードのショッピング枠を換金する行為です。

そのため、現金化業者に金利を支払うといったことは一切なく、法定金利での借入ができるのです。

クレジットカード現金化は使ったショッピング枠の100%を受け取れるワケではなく、ある程度の手数料が必要になりますが闇金よりお得に資金調達ができるのは間違いないでしょう。

②.返済はカード会社へ

闇金から借入をした場合は闇金に返済をする必要がありますが、クレジットカード現金化の場合は使ったショッピング枠の返済となりますので、支払いはカード会社におこなうことになります。

ですので、クレジットカード現金化業者から取り立てが来るといったことは一切ないのです。

闇金などから借入をしたときの取立ては怖いものですので、それがないのは安心できますね。

もちろん、返済する義務はありますが、怖い取り立てが来ることはないのは大きなメリットと言えるでしょう。

③.即日中にお金が用意できる

クレジットカード現金化はインターネットで手続きを完了させますので、わざわざ店舗に来店するといったことはありません。

また、審査もありませんのでショッピング枠があれば誰でも最短5分でお金を用意することができるのです。

今の世の中、即日中にお金が必要になることもめずらしいことではなく、即日で資金調達がおこなえるクレジットカード現金化が消費者金融などよりお得なのは言うまでも無いでしょう。

クレジットカード現金化と闇金の違いのまとめ

いかがでしたか?

クレジットカード現金化は闇金と間違えられることの多いサービスではありますが、実際にはリスクは無く、誰でも簡単にお金が用意できるサービスです。

もし、あなたどうしてもお金に困っているのならクレジットカード現金化を使ってみてはいかがでしょうか?

わたし自身、長いことクレジットカード現金化を使ってきましたが、トラブルにあったことは一度もありませんので、どうしてもお金が必要ならクレジットカード現金化がオススメです。